介護技能実習生候補者の教育

  • ホーム > 
  • 介護技能実習生候補者の教育

世界の介護を支える人づくりがゴールです

「一般社団法人海外介護士育成協議会」が取り組んでいるのは、ベトナムやフィリピン、インドネシアといった東南アジアの介護技能実習生候補者を育成し、日本の介護現場で活躍できるようにすること。厚労省が主導する「技能実習生制度」がスタートする2017年を皮切りに有望な介護技能実習生候補者がここから巣立ち、日本の介護現場に新風を吹き込むことでしょう。こちらではそんな介護技能実習生候補者の教育についてご紹介しています。

熱意ある優れた人材が日本を目指しています

熱意ある優れた人材が日本を目指しています

介護技能実習生候補者が日本の介護現場へ入るには、介護に関する知識や技能はもちろんのこと、専門用語を含め現場で使える水準の日本語習得が必須です。これだけのハードルをクリアして日本の地を踏むだけに、ベトナムやフィリピン、インドネシアの方の情熱は言うまでもないでしょう。海外介護士育成協議会では、こうした熱意ある現地の看護士を対象に、日本の介護現場に必要な技能や考え方を教育します。もともと医療の知識と経験がある方たちですので、その意味でも将来有望と言えます。

日本語の理解について

日本語の理解について

日本の介護現場で活躍するには、言葉の問題をクリアしなければなりません。介護技能実習生は、自国で日本語検定4級(同等レベルの他試験)に合格し、介護に関する基礎知識もオリジナルテキストにて習得した上での入国となります。

介護技能実習生のテキストは、9月出版予定です。
海外で入国前の導入研修で使う「介護で使う日本語」と、
入国後の研修で使う「介護技能実習生のための介護テキスト」の2冊を製作する予定です。
お問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

研修は自国と日本の2ステップ

研修は自国と日本の2ステップ

日本語検定4級に合格している介護技能実習生は、入国前と入国後の2段階で教育を受けます。まず自国で就労ビザを申告し、日本に入国するまでに母国の合資会社で数ヶ月間にわたって介護導入研修を受けます。そして入国後は当協議会の教育プログラムで日本語と介護技能を徹底して習得。実習生は、このような自国と日本での充実した教育を経ることによって、日本国内で安心して介護が任せられる存在として努め始めます。

海外介護士育成協議会では介護技能実習生候補者の教育研修を代行します。委託を検討されている監理団体様は当サイトのお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。なお、遠方の場合もお気軽にご相談くださいませ。